2017年09月30日

夏休み自然エネルギー教室

2017年7月30日(日)、新宿のエコギャラリー(都庁前)で、
原発とめよう会恒例の「夏休み自然エネルギー教室」を開催しました。

DSC_6214.JPG

今年も9組の親子がいらっしゃいました。

DSC_6186.JPG
 会場の様子
DSC_6190.JPG
 今日の時間割です


1時間目は「ビニール傘でゆで卵(正確には蒸し卵?)を作ろう!」

まずは傘にあわせてアルミシートを切り、貼り付けます。(親子で協力して切り貼りするところが毎年微笑ましいです) 
DSC_6189.JPG
 型をとっているところ

DSC_6191.JPG
 アルミシートを傘に貼りつけます

DSC_6203.JPG
 太陽光調理器「カルピカ」です。雨で実演は出来なかったので、室内で説明。

卵を傘の柄に付けて・・・太陽の力でゆでる(蒸す?)ためにお外にセットしに行くのですが、今日はお日様が恥ずかしがって中々出てきてくれません・・・
曇り空でも時間をかければ出来ることもあるので、ひとまずセットしておきます。
DSC_6248.JPG


2時間目は「でんきのおはなし」の紙芝居。
DSC_6217.JPG

紙芝居といいつつ電気の力を借りたプロジェクターによるスライド映写。
参加者の少年から出た「これってエコじゃないよね!」という鋭いツッコミはさておき。

でんきのこと、未来のこと、本当の豊かさ、みんなの幸せについて考えるきっかけになってくれたら嬉しいです。
みんなの未来のために大人たちも必死でがんばっているからね!


3時間目は「手廻し発電機を作ろう!」またまた工作の時間です。
DSC_6245.JPG

「電池−モーターを回す。−直結した発電機を回す。
−発電した電気でLEDを光らせる」 という実験です。
けっこう細かい部品もあってみなさん苦戦されていたようですが、、、無事にLEDを光らせることができました!
DSC_6233.JPG
DSC_6231.JPG

また、発電機を持ち寄り「手回しで発電機を回す。
−発電した電気で発電機(モーター)を回す。−発電機のハンドルが回る。
(発電機のハンドルを反対に回すと、ハンドルも反対向きに回る)」の実演も好評でした。
DSC_6226.JPG

その後、セットした卵を見てみると・・・
残念ながら、ゆで卵は(やっぱり)できませんでしたが、皆さんお家で再チャレンジするとのことです!
自然のエネルギーでゆでた卵は格別に美味しそうですね。
posted by とめよう会 at 19:48| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「日本と再生〜光と風のギガワット作戦」の上映会

原発とめよう会「第90回くらしから原発を考える講座」では、映画「日本と再生〜光と風のギガワット作戦」の上映会を開催しました。
(2017/6/25、豊島区生活産業プラザにて)

参加人数53名と大盛況でした。上映後の飯田哲也さん(企画・監修)のお話も説得力があり、「世界は自然エネルギーに向かって大激変中、ただ日本だけが取り残されている感はあるが」との事。

この映画は、河合弘之監督の第1作「日本と原発」の解答編として作られました。劇場公開時、ピア映画初日満足度ランキングで「ラ・ラ・ランド」などを抑えて満足度2位に輝いたそうです。

その満足度の高さは何といっても“未来に希望が持てる”ことが最大の理由ではないかと思いました。

映画の中で再生エネルギーに関する沢山の事が取り上げられました。 
“地球に負荷をかけない” “世界の紛争の主な原因が石油の奪い合いだった”  ”電力会社の市場の独占=送電線の独占に対抗する地域発電の動きが拡がっている” 。

それらの中で最大の説得力が、“再生エネルギーは低コスト、中でも太陽光は全エネルギーの中で低コストのトップ” そして “もうかる”。

 河合監督は当初“再生エネルギーは儲かります”系の題名を考えていらしたそうですが、”えげつない”と没になったそうです。この映画が1人でも多くの人に観てもらえると良いな。“とにかく面白いから”おすすめします。
                              K.K
posted by とめよう会 at 19:44| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

【イベントのご案内】トーク&パレード いらんじゃろう! 上関原発2017 〜人も自然もいきものも〜


┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏━━━┓
┃\_/┃トーク&パレード
┗━━━┛いらんじゃろう! 上関原発2017
┏┌┌┌ 〜人も自然もいきものも〜
┏┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
┏┌
┏┌ 日時:2017年5月20日(土)13:00〜16:00(開場12:30)
┏┌    #16:30パレード出発

┏┌ 場所:東京ウィメンズプラザ  http://ur0.link/BJjf
┏┌    地下鉄「表参道駅」B2出口7分、
┏┌    JR他「渋谷駅」宮益坂口12分

┏┌ 参加費:1000円、高校生以下無料 ※予約優先
┏┌ ご予約方法:(1)FAX 03-3357-3801
┏┌       (2)web予約フォーム
┏┌           http://ur0.pw/BoiM


┏┏┏┏┏┏ ゲスト ┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┌
┏┌ ■池内 了さん

       「なぜ日本は原発をやめられないのか―上関原発計画
        から日本の核政策を考える」

1944年兵庫県生まれ、1972年京都大学大学院理学研究科物理学
専攻修了、理学博士。国立天文台教授、名古屋大学等を歴任。
現在は、名古屋大学及び総合研究大学院大学名誉教授。専門は
宇宙物理学・宇宙論、科学技術社会論。
著書に、『科学者と戦争』(岩波新書)、『ヒトラーと物理学
者たち』(共訳、岩波書店)、『科学・技術と現代社会』(み
すず書房)、『科学の限界』(ちくま新書)、『核を乗り越え
る』(新日本出版)など多数。

    ■氏本長一さん
      「祝島発『懐かしい未来』」

1950年山口県祝島生まれ。2007年から祝島で、完全放牧養豚や
水稲、果樹、野菜の有機栽培に取り組みながら地産地消の「こ いわい食堂」を営業。「氏本農園」代表。一般社団法人「祝島
千年の島づくり基金」理事。


    ■花輪伸一さん
      「海を壊すな―田ノ浦埋め立てによる環境破壊―」

1949年仙台市生まれ。東北大学理学部生物学科卒業、東京農工
大学農学研究科修了後、日本野鳥の会、WWFジャパンに勤務退職後も、沖縄の自然保護と軍事基地問題、各地の湿地保護に
取り組む。沖縄環境ネットワーク世話人。


┏┏┏┏┏┏ 呼びかけ文 ┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┌
┏┌  瀬戸内海西部、山口県上関町に原発建設計画が持ち上が
┏   って35年目。祝島の人びとの島をあげた根強い反対で工
     事も海の埋め立ても食い止めていますが、中国電力は原
     発建設をあきらめていません。東京電力福島第一原発事
     故で、私たちは人間の力ではコントロールできない核の
    危険性に気づいたはずでした。それなのに、なぜ日本は
    原発をやめられないのでしょうか?

     「もう、原発なんて いらんじゃろう!」

    この問題について、広く地球環境の観点から池内了さん
    にお話しいただき、また、祝島の氏本長一さんに現地の
    状況を、そして、花輪伸一さんに貴重な上関の自然環境
     についてお話しいただきます。皆さん、ぜひおいでくだ
    さい。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─
│賛同者募集中! 個人1口 1,000円、 団体1口 3,000円
│ ご入金先 郵便振替口座 00130-3-338139
│      加入者名 上関どうするネット
│ 主催:上関どうするの?〜瀬戸内の自然を守るために〜
│   (略称:上関どうするネット)
│ BLOG: http://kaminoseki.blogspot.com/
│ MAIL: dousuru_net@mail.goo.ne.jp
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─

2017いらんじゃろう!(オモテ面 軽量版).pdf

20170520いらんじゃろう!上関フライヤー(裏面 軽量版).pdf
posted by とめよう会 at 14:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索