2016年08月02日

第9回 大間原発反対現地集会 に参加してきました

7月17日(日) 大地を守る会・原発とめよう会のメンバーで
「第9回 大間原発反対現地集会」に参加しました。
場所は、青森県下北半島の大間町17日は、午後から集会、町内デモ、浜辺で「エコ風船飛ばし」をしました。

大間集会ステージ160717.jpg

会場の様子

風船飛ばし(津軽海峡に)160717.jpg

エコ風船飛ばし

エコ風船に説明文.jpg

風船につけた説明文

旗 小島京子さん.jpg

デモでは大地を守る会ののぼり旗をもって


以下参加メンバーの感想です。

初めて、工事中の大間原発を見て、こんなきれいな環境を壊すような事を国は、何故するのか?
結果的には地域住民同士の信頼関係をも壊し、町の荒廃を招いている。
海岸線を見渡すと固いコンクリートの壁が海と陸の境にあり、丘の方を見るとさびた白いパイプが海の方に向かって伸びているだけ。陸の一部には工事のための砂、砂利の山。緑も途切れ途切れに寸断されている。以前の緑はどこ?
以前は、特産の昆布とりでにぎわっていた海岸もただ波が静かに押し寄せるだけ。人の気配は見えず。
人が気持ち良く、安心して住める大地を取り戻そう。(T・K)


春に祝島、今回大間へと、二カ所の建設予定及び建設中の場を一望できる地に立って『百聞は一見に如かず』の感をあらためて持ちました。どこの原発も持つ最大の問題、ここにもそれが顕著に露呈されており(一方は船しか逃げられず、もう一方は100m付近に人家が建ち並ぶという)『逃げ場がない』という現実。人命を全く考慮に入れていません。原発のもたらす死は“すぐ死ぬか”
“ゆっくり死ぬか”のその差だけ。私の信条は“自分の生き死に干渉されるのはまっぴらごめん、自分の命は天命にのみゆだねたい”。だから戦争も原発も生命の軽視の最たるものと思っています。反原発の活動をずうっとやっている地の方達から原発マネーのもたらす人間悲喜劇を見聞きするにつけても、全ての人が「あらゆる命の尊重」に立ち返る心を持てたら、日本にとどまらず、地球と全ての動植物への尊重へとつながっていけたらと、その願いがこの“原発反対”一歩からひろがっていくことを望んでやみません。(K・K)

posted by とめよう会 at 19:25| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索