2015年10月15日

函館旅行記

函館旅行記(H.M.)
「海猫【ごめ】が鳴くから ニシンが来ると」(なかにし礼 石狩挽歌より)
かもめ.bmp
窓の外で『ごめ』は鳴きますが、鰊は来ません。その代わり、カッパえびせんを一袋食べられてしまいました。
10cm位の距離から写真を撮っても、カッパえびせん欲しさに動きません。慣れていらっしゃる!
【函館湯の川温泉から、大間あさこハウスを望む。<直線距離30.9km>】
望遠1.bmp
残念! 天候が悪く、見ることが出来ません。
【函館山山頂から、大間あさこハウスを望む。<直線距離32.3km>】
望遠2.bmp
残念! ここからも、見ることが出来ません。
気を取り直して、【五稜郭タワーから大間あさこハウスを望む。<直線距離33.9km>】
望遠3.bmp
残念ながら、本日は本州最北端を見ることが出来ませんでした。


「あさこハウス」は、大間原発に反対して、唯一人土地を電源開発に売らなかった故熊谷あさ子さんが、大間原発建設予定地のど真ん中に建てたログハウスです。今は娘さんの小笠原厚子さんが守っています。
 大間原発の建設が強行されれば、ほぼ炉心の位置になる、「あさこハウス」。函館市迄の距離を東京に当てはめると、私の良く利用する東京駅八重洲中央口改札口をあさこハウスに見立てた場合、函館市は方角と距離から、大体埼玉県大宮辺りになります。<宇都宮線東大宮駅まで31.9km>
 東京駅八重洲中央改札口から大体30kmとは、時計回りで<東武線春日部駅まで33.3km>、<常磐線我孫子駅まで30.6km>、<総武線千葉駅まで32.2km>、<内房線袖ケ浦駅まで32.6km>、<根岸線根岸駅まで31.8km>、<横浜線町田駅まで33km>、<中央線立川駅まで32km>、<西武線所沢駅まで29.1km>、<東武線ふじみ野駅まで29.8km>、<高崎線宮原駅まで32.2km>随分近くですね。
残念ながら大間崎は見えませんでしたが、大間原発建設の蚊帳の外に置かれた函館の方の危惧が十分理解できる函館旅行でした。
せっかくなので、函館朝市で実姉と記念撮影。
ツーショット.bmp
posted by とめよう会 at 11:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索